結婚準備.comトップ > 結婚の準備 > 結納の基本知識

結納の基本知識

結婚準備として、結婚式を挙げる前には結納を行います。
地域によっても差があり、また近頃は結納を行わない場合もありますが、一般的には簡略化してでも結納を行うのがしきたりです。

本来の結納の形式とは、まず仲人が男性宅を訪れ、女性へ送る結納品を受け取った後、女性宅へ納めます。
その際、女性宅では祝い膳を用意し、結納返しの品を仲人に預け、それを男性宅へまた仲人が納めます。

結納品は両家で同じ数になるように揃えるのが一般的ですので、両家で事前に相談しあって、品目の数を決めましょう。

結納品の数を省略して送る場合もありますが、その際も目録は省略せずに書きます。
また複数台の飾り台を用意するしきたりのところもありますが、近頃は住宅事情もあって、1台で済ませる場合がほとんどです。

そして結納も略式で行われることが増えています。

略式結納とは、仲人が両家を行き交うことなく、関係者が一堂に会して行う結納のことで、女性側の自宅や料亭、ホテルのレストランの個室などを会場とします。

結納品は略式品目で行い、婚約指輪などの物を贈るなどといった形があります。
結納品を正式に用意しても、仲人を介せずレストランなどで行う場合には、略式結納となります。
近頃はホテルや式場などのパックを利用する場合も多く見られます。

結納は地域によって様々なしきたりがあり、贈るものや進め方もいろいろあるので、両家でよく話し合って進めるようにしましょう。

万が一、話し合いで解決されない場合には、通常、厳格な地域の方を優先させます。特にどちらでもいい場合は、男性側に会わせるのが一般的です。

結納品の交換としては、男性からは婚約指輪を、それに対して女性からはその約半額の腕時計や洋服などを贈ることが多いですが、女性からの結納返しは必ず必要という決まりはありません。
しかし記念の品として、実用品や、後々必要となる日用家電などを贈ることもあります。

この記事のカテゴリーは「結婚の準備」です。
結婚が決まれば結婚式のほかにもいろんな準備がありますね。そんな結婚準備を載せました。
関連記事

お日柄とは

「本日はお日柄もよく…」とよく耳にしますが、お日柄とは一体何でしょう? 結婚準備...

結納の基本知識

結婚準備として、結婚式を挙げる前には結納を行います。 地域によっても差があり、ま...