結婚準備.comトップ > 結婚の準備 > お日柄とは

お日柄とは

「本日はお日柄もよく…」とよく耳にしますが、お日柄とは一体何でしょう? 結婚準備を進めるにあたって知っておきましょう。

お日柄とは六輝のことで、大安、友引、先勝、先負、赤口、仏滅の6つに分けられます。

「大安(たいあん・だいあん)」はよく知られている通り、終日吉とされる最もおめでたい日で、結婚式や結納の日には最適です。

その分、結婚式も集中するため、大安にこだわるなら予約は早めに行いましょう。

「友引(ともびき・ゆういん)」は大安に続く吉日で、慶び事にも向く日なのですが、正午のみ凶とされています。

「先勝(せんかち・せんしょう・さきかち)」は、その名のごとく、急いで早く行うと幸運が舞い込む日とされ、従って午前中は吉、午後は凶と言われています。

逆に「先負(せんまけ・せんぷ・さきまけ)」は午後からが吉となる日です。
ここまでは、時間帯の指定もあるものの、結婚式や結納を行うのに向いている日と考えれますが、なるべく祝い事は避けた方がいい日もあります。

「赤口(しゃっく・じゃっこう)」がその一つで、一般的に厄日とされ、何事も避けた方がいいのですが、この日は正午だけが吉と言われています。

一方「仏滅」は、終日催し事が凶とされる、おめでたい席に不向きな日です。

ただし、仏滅の日は、式場などが直前でも空いていたり、割引になるプランがあることもあるので、気にならない場合は逆に狙い目な日でもあるでしょう。

大安吉日の土・日・祝日、しかも春や秋を希望なら、約1年ぐらい前には式場を予約しておくのが賢明です。
また8や6が付く日を末広がりで縁起がいいと好む家もあるので、両家でよく相談して決定するのがいいでしょう。

この記事のカテゴリーは「結婚の準備」です。
結婚が決まれば結婚式のほかにもいろんな準備がありますね。そんな結婚準備を載せました。
関連記事

お日柄とは

「本日はお日柄もよく…」とよく耳にしますが、お日柄とは一体何でしょう? 結婚準備...

結納の基本知識

結婚準備として、結婚式を挙げる前には結納を行います。 地域によっても差があり、ま...