結婚準備.comトップ > 結婚式の準備 > 結婚式の日取り

結婚式の日取り

結婚式の日取りの決定は結婚式の準備として必ず最初にしなければならないことですね。

気候の良い春と秋は人気が高くこの時期に結婚式の日取りの決定をする人も多いようです。
曜日や、季節などを照らし合わせながら決めて行きましょう。

結婚式の日程は、大安の土曜日、日曜日、祝日やゲストに配慮して連休など、日がいい時に集中します。

ジューンブライドは幸せな花嫁の象徴と言われていますね。
6月に行われる結婚式は人気が高いため、どの式場も早くから予約が埋まってしまいます。
結婚式の日取りの決定は早めに手配出するようにした方がいいでしょう。

6月は、日本は蒸し暑い露の時期なので、屋外でのパーティーは開放感もあり素敵な挙式になりますが、この時期は避けたほうがいいです。

結婚式の日取りで人気の少ない季節といえば夏と冬。日取りは仏滅です。

オフシーズンなので安いプランを用意してある式場も多く、お得になります。
挙式の数が少ないので、直前の申し込みも可能な場合が多いでしょう。

お盆や年末年始は最も忙しい時期ですので、ゲストのことを考えると避けた方が無難です。
ふたりを祝福してくれる方々への気配りは大切ですね。

結婚式の日取りは昔に比べて大安や仏滅にこだわるカップルは減っているようです。
しかし年配の方には大安や仏滅を気にする方もいらっしゃるので結婚式の日取りの決定をする時には、家族と一緒に相談をした方がいいでしょう。

時間帯によっては大安、仏滅以外の日にも、吉凶があります。
結婚式の開始時間を決めるときに参考に覚えておくと便利です。

大安の日はすべてが吉とされています。旅行や建築、お店の開店などには良い日だとされています。結婚式の日取りとしても最適です。

先勝は午前中が吉とされています。何事も急いで事を行うことで幸運を呼び込みます。
急用、訴訟などに良い日取りとなっています。

先負は午後からが吉です。挙式や祝い事など、午後から行う行事が良いとされています。

友引は正午を除く朝晩が吉です。結婚式や結納などには良い日だとされていますが
友を引くという言葉から、お葬式は避けられています。
祝い事なら終日良い日とされているようです。

赤口は正午のみが吉、仏滅は全てにおいて、祝い事は避けたほうがいいという考え方です。

この記事のカテゴリーは「結婚式の準備」です。
関連記事

料理・引き出物の発注

結婚式に来て頂いた方々に、「ありがとう」の感謝の気持ちを混めて贈られる引き出物。...

披露宴のスタイルを決めよう

結婚準備を始める際に大切な会場設定。 結婚式をどこで挙げるかに加えて、披露宴をど...

レストランウエディングの費用

結婚準備の際にまず一番に考えなければならないのが、結婚式や披露宴を行う会場のこと...

結婚費用を調べておこう

結婚準備を進める中で、大いに気になるのが結婚式や披露宴にかかる費用のことでしょう...