結婚準備.comトップ > 結婚式の準備 > 結婚式のスタイル

結婚式のスタイル

結婚式にはさまざまなスタイルの挙式の形があります。

純白のウェディングドレスを着てバージンロードを歩くことが夢。
という新婦もいれば、日本の伝統的な白無垢を着てみたい。という人もいらっしゃいますね。

いろいろな結婚式のスタイルがありますが、お二人が何を表現したいのか、誰に見てもらい、そして誰に一番喜んでもらいたいかを決めるのが大切です。

また、結婚式のスタイルにはさまざまな宗教もかかわってきます。
どんな挙式スタイルにしたいかを慎重に話し合いましょう。

キリスト教式
現在、もっとも人気がある結婚式のスタイルはキリスト教式です。
結婚式場のチャペルや教会で行うスタイルです。

半数以上のカップルがこの結婚式のスタイルを選びます。
バージンロードと白いドレスが昔からの憧れ!
と言う人が多いのも人気の理由ですね。

キリスト教の宗派は大きく分けてカトリックとプロテスタントの
2つに分かれています。ホテルなどで挙式をするチャペルウェディングでは
プロテスタントの牧師様がこられるため、特別な手続きを必要としません。
よって信者以外の人でも結婚式を挙げることができるのです。

現在では、ほとんどのホテルが、親族以外の友人や知人のゲストを招待出来るようになりました。
ほとんどの専門式場でもチャペルが併設されていますね。

一方、街の教会などでは、その殆どがカトリックですので、
信者以外の結婚式を行う事には消極的なようです。

神前式
神前式は神社にて、先祖の神々に結婚を報告する、日本の伝統的な挙式です。

白無垢などの和装は奥ゆかしく、しめやかな雰囲気です。
両親の強い希望という理由で、この結婚式のスタイルを選ぶカップルも多いようです。
列席者は親族のみだけではなく知人や友人でも列席が出来ます。
芸能人のカップルはこのような形で挙式することが増えていますね。

仏前式
仏前式とは、仏さまに二人の結婚を報告し、先祖の霊に二人の出会いを感謝する結婚式のスタイルです。

基本的には両家のどちらかの菩提寺で挙式するか、僧侶を自宅に招いて挙式をするかが一般的だといわれています。
信徒ではない人が仏前式での挙式を挙げることは、とても難しくなっており仏前式で行っている人数は全体の約1%とわずかとなっています。

人前式
家族や友人、知人など列席者全員の前で愛を誓い合う人前式は新しいウエディングセレモニーとして人気があります。

家族や友人などが参列した人の前で結婚を誓う自由なスタイルです。
アレンジが自由にできる上、決まった形式がない分、自分達のオリジナルのウエディング作れるのも人気の一つです。

ただ、あまりにも砕けてしまう結婚式になる可能性があるので注意しましょう。

またテーマパークや船上などといった場所で披露宴を行うことも出来ます。
新しいアイデアなどを次々と企画してくれる会社もあるようです。

結婚式のスタイルは人によって様々です。そして二人にとってかけがえのない、とても大事な日になります。よく話し合って決めてくださいね。

式場探しと同様に結婚式のスタイルを決める上で大切なのは、新郎新婦お互いのコンセプトが肝心。
二人のコンセプトをしっかり持ちながら自分たちの挙式、披露宴を表現することが出来れば、きっと印象に残る素晴らしい結婚式にする事ができます。

この記事のカテゴリーは「結婚式の準備」です。
関連記事

料理・引き出物の発注

結婚式に来て頂いた方々に、「ありがとう」の感謝の気持ちを混めて贈られる引き出物。...

披露宴のスタイルを決めよう

結婚準備を始める際に大切な会場設定。 結婚式をどこで挙げるかに加えて、披露宴をど...

レストランウエディングの費用

結婚準備の際にまず一番に考えなければならないのが、結婚式や披露宴を行う会場のこと...

結婚費用を調べておこう

結婚準備を進める中で、大いに気になるのが結婚式や披露宴にかかる費用のことでしょう...